INVESTMENT

資産運用に必要な
投資の知識

このスクールで学べること

現在は、長引く低金利により預貯金だけでは十分にお金を増やすことができないため、
投資により資産を増やすことはより重要になっています。

しかし、アメリカなどに比べ日本ではまだ預貯金の割合が多く、投資する人は少ないのが現状です。
投資について学ぶ機会が限られている現状を変えるため、
この講座では投資に関する正しい知識を身につけることを目的としています。

将来豊かで幸せな生活を送るために、
この講座では投資商品についての基礎知識を習得し資産運用の基本を身につけていきましょう。

INTRODACUTION
投資の種類と特徴

これからの時代は投資をしない方がリスク

「投資」という言葉を聞くと、「怖い」、「ギャンブル」というイメージを持っている人は少なくないと思います。しかし、お金を増やすための方法として預金が有効だったのは過去の話で、今後ビジネスパーソンは、投資をしないことがリスクになる時代です。

安全資産とリスク資産とは

将来に向けて資産運用をしてみようと思っても、そもそも投資商品にはどんな種類があり、その特徴がわからなければ選ぶことができません。資産運用の対象となる商品はいろいろありますが、基本的には、「安全資産」と「リスク資産」に分かれます。安全資産とは、損をするリスクが極めて低い資産のこと。例えば、預貯金や債券などが該当します。これらの商品は、ほぼ損失のリスクはありませんが、得られるリターンもかなり小さいのが特徴です。一方、リスク資産は、その反対で損失するリスクがある代わりに得られるリターンもかなり期待できるのが特徴です。国内の株式や投資信託などが該当します。