投資のプロが語る

- Column -

第1回 世界から見た東京の魅力

「GPCIとは?」

世界の主要都市の都市総合力を比較するために、森記念財団の都市戦略研究所が2008年から「Global Power City Index(GPCI)」のランキングを始めました。このGPCIは世界の四大都市ランキングの一つで、世界の主要な40都市を対象として、経済、研究・開発、文化・交流、居住、環境、交通アクセスという6つの都市機能で都市の力を分析しています。評価には合計で70の指標が使われています。

また、都市機能での評価に加えて、都市を使っている人からの視点(アクター別ランキング)による評価もあります。経営者、研究者、芸術家、旅行者、住民の5種類の人々です。このうち最も重要なのが経営者で、彼らが都市の魅力をどうとらえているかが、今後の東京の都市の力に最も影響力を与えます。

「GPCIランキング」

最新のGPCI-2015の結果では、トップがロンドン、2位がニューヨーク、3位がパリ、東京は4位です。これに次いで、第2グループであるシンガポール、ソウル以下20ほどの都市が連なっています。

ichikawa1

注目すべきは、今どんどん力を付けているロンドンです。実は2012年にオリンピック開催でニューヨークを抜いてトップに躍り出て、年々、スコアを上げています。
成熟した国家で行うオリンピックの良い例として、ロンドンはそれを契機に一気にスコアを上げたのです。これは2020年の東京オリンピックにとって非常に参考になります。

「総合4位の東京」

東京は総合スコアで4位ですが、経済では、市場の規模、経済集積、人的集積が優れており世界トップ、研究・開発はニューヨークに続いて2位になっています。
ichikawa2

いままで東京の弱点は文化・交流と交通アクセスだったのですが、オリンピック開催の発表で、観光客が増加し、順位が上がって5位になりました。

一番課題なのが交通アクセスです。もちろん、非常に便利な交通網を持っていますが、海外への旅客ネットワーク数で圧倒的に遅れ、タクシー代が世界で最も高いことも課題です。

「東京が抱える矛盾」

ところで、「アクター別ランキング」では、経営者の評価が東京は8位です。

ichikawa3

経済のスコアが東京は世界トップなのに不思議な現象です。それは、海外の投資家にとって日本への参入にさまざまな障壁があることが指摘されています。また、ビジネスの成長性も他の都市に比べて低い。都市の力を上げるためには、こうした経営者の評価が上がらなければなりません。

偏差値で見た東京の弱みとして、経済の市場の魅力、法規制・リスク、それから文化・交流の集客資源があり、さらに居住の評価のうち、特にコストの高いことが問題です。交通アクセスについては国際交通ネットワークが弱い。オリンピックに向けて、これらの弱点を克服すれば東京の力が上がることは間違いありません。過去にシミュレーションを行ってみて、あくまでも仮ですが、これらの指標の偏差値が全てロンドン並みかシンガポール並みに上がると、東京はトップに上がるという結果がでています。

ichikawa4

「変わりつつある東京」

GPCIで東京は長年4位にとどまってきたのですが、2013年の秋に2020年のオリンピック開催が決まってから、明るいきざしが見えてきています。一つは法人税率が下がって競争力がでてきたこと、二つ目が数学・科学に関する学力が上がったこと、三つ目が海外からの訪問者が増えたことで、これには政府の後押しの政策があります。

四つ目は完全失業率が良くなったこと、五つ目は再生可能エネルギーの比率が上がってきたこと、六つ目は国際線直行貨物便の就航都市が増えたことです。

こうしたことから、このまま海外からの旅行者が順調に増え、さらには投資家が目を向けてくれれば、現在の東京の順位がパリを抜いて3位に上がるという状況が現実のものになるかもしれません。

市川 宏雄hiroo ichikawa

市川 宏雄 コラム一覧