INVESTMENT

少額でコツコツはじめる
安心で信頼のおける資産形成を

私たちが提案するのは、地道にコツコツ資産を形成していく「不動産投資」。
自らの時間を極力使わずに、堅実に取り組める資産形成です。
年齢を問わず取り組む方が増え、ビジネスパーソン、公務員など
多くの方々から資産運用の手段のひとつとして関心が高まっています。

資産運用の手段のひとつとして関心が高まる不動産投資

誰でも始めやすい、マンション投資

不動産投資とは、不動産を購入して第三者に賃貸し、家賃収入を得て利益を出す投資方法です。不動産投資というと、高額所得者が行う投資だと思われがちですが、近年は低金利が続いているので、ビジネスパーソンがローンを組んで不動産を購入しても得られる家賃収入である程度の返済がまかなえてしまうため、少額資金で始めることができます。

また、ローンを組む際には、団体信用生命保険に加入するため、万が一、死亡や高度障害になった場合には、ローンの残債金額が無くなります。ローンのない不動産という実物資産に加え、毎月の家賃収入を残せるので、ご家族がいる方は死亡保険の代 わりとして不動産投資を検討する方も多いです。

投資商品の比較

お金をある程度増やそうと思った場合、避けて通れないリスク資産への投資。リスク=危険と思っている人も多いですが、実は資産運用においてリスクは意味が変わってきます。

「リスク資産」が意味するのは収益のブレ。預貯金では得られないリターンが得られるのが投資の魅力ですが、なぜそのようなリターンが得られるのかというと、価格が変動するからです。価格が変動しなければ、リターンが生まれるチャンスはありません。値上がりも、値下がりも、収益のブレがあるからこそ生まれるのです。

一般的に株式投資やFXは収益のブレ幅が大きいので、大きく儲かる可能性もあれば、大きく損失を出す可能性がある投資です。一方、預貯金や債券は収益のブレ幅が小さいので、大きく儲かる可能性が少ない分、大きく損失を出す可能性も少ない方法です。

これらの特徴を理解しながら、どの投資を選ぶのかを考え、選んでいく必要があるのです。一つ大切な大原則は「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」だということ。「ローリスク・ハイリターン」な商品はないことを覚えておきましょう。

マンション投資のメリット

投資マンションで収入を得る手段は、大きく分けて2つ。キャピタルゲインと、インカムゲインがあります。キャピタルゲインとは、購入額と売却額の差額で手に入れる利益です。安く買って高く買うという単純な考え方ではありますが、ここには投資に対する知識や経験、様々な情報を求められるため、ハイリスクハイリターンな手段となります。私たちが提案するのは、インカムゲイン(資産の保有中に得られる利益)。新築マンションという資産を手に入れ、それを貸し出して、毎月の家賃として利益を得ます。ローンがあるうちは家賃を返済に当てる。また、返済完了後には家賃がそのまま収入になる方法です。大きな買い物で、動く金額も大きいため身構える方も多いですが、良い立地、良い物件を手に入れることができれば借り手もつきやすく、長い目で見た時に手堅い投資と言えます。

一度買ってしまえば、運用はおまかせできる上に株やFXなどと違い、相場を眺め続ける必要もありません。月々のローンを家賃収入を活用して支払うことができるので、普段と変わらない生活をしながらローン残高を減らすことができます。物件の支払いが終われば最低限のメンテナンスで安定収入にもなります。

また支払い後に入ってくる家賃はすべて「私的年金」扱いとなるので、マンション経営を「もう一つの年金」として捉えている方も増えています。銀行にお金を預けても、ほとんど利息がつくことがない現在、少ない自己資金で取り組むことができる投資手段として、不動産投資は注目されているのです。

メリット①私的年金になる

現在女性の平均寿命は89歳と言われています。年金が月20万円の場合、65-90歳までの25年間の受給額は6000万円。一方ゆとりある老後の生活費は1億500万円。不足分の4500万円を35歳から30年間で貯金しようとすると月12.5万円必要となります。そこで私的年金として利用できるマンションが注目されています。

メリット②生命保険代わりになる

マンション投資は生命保険と同じような効果を期待することができます。まずローン申込みと同時に「団体信用生命保険」に加入します。契約者に万が一の事があった場合ローンが完済されるためご家族は「不動産」を相続することができる。不動産を売却して現金化することも可能であり、毎月、家賃収入を受け取ることもできるのです。

メリット③節税対策

マンション投資は所得税・住民税の節税に効果があります。まず不動産所得や事業所得などの赤字分を本業の所得から控除できること、そしてさまざまなマンション経営にかかった費用や建物の減価償却費も経費として計上できます。そのほかに、現金より不動産を相続する方が相続税は安く抑えられるため、相続対策としても有効な手段です。

自社開発マンションブランド LUXUDEAR / CREVISTA

自社の開発物件による高品質な投資用物件

インヴァランスの自社物件は、東京23区内中心でしかも最寄駅から徒歩10分以内という立地にこだわったものばかり。不動産投資を行うにあたって、第一に考えるべきは「立地」です。“人が住む場所を提供すること”が不動産投資における運用の基本だからです。

新築で駅近の好立地な自社物件を開発するインヴァランスは、その点で強みがあります。さらに入居率にこだわり、モダンで上質なデザインと、次世代の技術を取り入れたスマートホームを開発し、さらに物件価値を上げ続けています。

高い入居率を実現するマンション

業界トップ水準の入居率98.6%(※2020年度平均)を維持して、オーナーの皆様にご満足いただいているインヴァランスのマンション。好立地のワンルームにこだわる1番の理由は、オーナー様と入居者様、両者のニーズに応えることができるからです。

世帯の半分が単身者の東京において、駅近の立地を厳選して入居者ニーズに合ったマンションを建てること。そして自社内に一級建築士を雇い開発することや、次世代の象徴となるスマートホームの開発を通して差別化を図ることで、高い入居率を実現しています。

東京23区内の駅近という好立地。

インヴァランスの自社物件は、東京23区内を中心に最寄駅から徒歩10分以内という立地にこだわったものばかり。オンもオフも、ストレスフリーに優雅な都心ライフをサポートします。

最新IoT技術によるスマートホーム。

IoT機器を設置するだけで物件をスマートホーム化。居住者は1つのアプリで様々な家電や設備を操作できるため、高い利便性や先進性から得られる満足度で物件を差別化します。

エレガントで、居住性の高いデザイン。

都市景観と調和しながらも、強く美しく輝き続ける上質な佇まい。空間の徹底的な合理性と居住性を両立するモダンなインテリア。洗練されたデザインがご評価をいただいています。