マンション投資で少しずつ変わり始めた
今後の自分の成長が楽しみ

滝田 真那美 様(医療機関勤務)

担当者
アセットコンサルティング
ライフコンサルティング課
チーフ 佐藤 昭太

退職後が漠然と不安になった
Q:若くして、どうしてマンション投資を始めたのですか?

仕事を始めて3年目なのですが、徐々に慣れて落ち着いてくると、今度は退職など将来のことを考えるようになりました。特に体力を使う仕事なので、続けることができるか確証がなく、しかも40年先の自分の姿など想像すらつかず、漠然と不安になっていたのです。 他にも自由に使えるお金が増えて浪費しがちになり、貯金も期待していたほどできていないことに気がついたとき、さらに不安を感じていました。

「相談しながら、私でもマンション投資ができそう」
Q:どうしてインヴァランスを選ばれたのですか?

元々知人だった担当の佐藤さんにマンション投資の話を聞き、興味を持ちました。そのときは投資のことは何も知らなかったので、初歩的なところから全部聞きましたね。佐藤さんも「投資してみたければすれば良い」というスタンスだったので、決して猛烈に営業をかけられたわけではありません。

さらに、その方自身もマンション投資をしていると伺い、初心者の私でも身近に話しやすいプロの先輩がいれば、相談しながらマンション投資ができそう、という安心感があったので、マンション投資に挑戦してみることにしました。

「ハイリスク・ハイリターンではないと聞いて、驚きました」
Q:投資にはどのようなイメージがあったのですか?

始める前は投資のことを何も知らず、自分が投資を始めるとは、想像したこともありませんでした。それに投資に対して「ハイリスク・ハイリターンで危ない」という思い込みがありました。その思い込みに対して、マンション投資はローリスク・ミドルリターンであるという説明を受けたとき、驚くと同時にイメージが大きく変わったのです。

また、始める前に一番怖かったことがマンションの値下がりのリスクだったのですが、対処法もしっかり説明していただけて、不安を解消することができました。そして最後は、伺ったお話すべてを総合的に考え納得できたので、購入を決めました。

「自分が成長していく、楽しみができました」
Q:投資を始めたことで、ニュースなどの見方が変わったそうですね。

私の価値観は“お金は自分で稼ぐもの”で、投資はあくまでも“仕事プラス投資”という位置づけです。なので投資を始めたことで生活自体は全く変わらないのですが、例えば、今まで気に留めなかった投資やお金に関するニュースなどが気になるようになるなど、世の中の見方が変わりつつあります。それに、もし投資を始める前の私が、投資をしている男性とお付き合いすることになったら、危ないイメージが先行して、その男性のことを不安に感じたと思います。今は私自身が投資をしているので、価値観を共有することができそうです。知らなかったら選べない選択肢だと思うので、視野が広がってよかったと思います。

また周囲に投資をしている人がいないので、周りの子よりも“大人”として少しレベルアップ、成長できている気がします。これからも、投資を通じて私自身がどのように変わっていくか、楽しみでもあります。

「私と同じように将来に向けて、何かしたいと考えている人にいいかも」
Q:どのような人にマンション投資をお勧めしたいですか?

もう少し経って経営している実感がわいてきたら、特に将来について考えている人に、「将来の不安を解消できる」「安心できる」というマンション投資のメリットをお勧めしたいです。 女性は子育てなどで働けない期間もあると思いますが、私の場合、事前に準備しておけば大丈夫な金額でローンを組んでいただいているので、今のところ不安はありません。また、マンション投資は結婚のときや、特に退職後の年金問題を解消するときの安心材料になると思います。

私自身、仕事もいろいろな分野に興味あるので、これからもチャレンジしていきたいです。転職なども含めたキャリアプランを形成していく中で、マンション投資は安心材料になると思っています。

お客様の声一覧へ