CHANNEL

不動産投資を、もっと面白く。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 新時代のマネーリテラシー
  4. 【新時代のマネーリテラシー 教えて太蔵先生!】#5 投資成功の裏には秘密のおばちゃんが?!投資を左右する金利とは

【新時代のマネーリテラシー 教えて太蔵先生!】#5 投資成功の裏には秘密のおばちゃんが?!投資を左右する金利とは

「薄口政治評論家」こと元衆議院議員の杉村太蔵さんを番組ゲストに「#教えて太蔵先生!」と題して、72channelのアシスタント・剣持めぐみ&近藤汐里とともに、お金に関する様々なことを笑いと学びのトークを繰り広げます。

今回は、太蔵先生がアツく語ります!そのテーマはまさに「金利」。金利を学べば、経済がわかる?投資が初心者の方、興味があるけど始めようか悩んでいる方々は、是非ともチェック頂ければと思います。

投資はどのように始めたらいいの?

これまでも楽しく投資の話を教えてくれた太蔵先生。今回からは、いよいよ実践編です。いざ投資と言っても、さてどうやって始めるのか。聞いてみましょう。

「投資の始め方、たとえば株だったら証券会社に行って口座つくることからだよね。どこの証券会社がいいかと言えば、正直はじめはどこでもいいですよ。特別ここがいいというところはない。口座を開けば証券会社の人が色々教えてくれるから教わっていけばいいです。ネット証券の方がいいんじゃないですか?と聞かれることもあるけれど、ネットは売買手数料が安いのがいいよね。対面のある証券会社は高い。でも対面で色々教えてもらいながらやるのも決して悪くない。両方口座持ってもいいんじゃないですか?」

いざ株をやろうと思った時に、どこへ行ってどう買えばいいのかは意外と知らない人も多いもの。ネット証券がいいと話を聞いたりもしますが、本当に初心者だったら窓口で教えてもらうのも手ですね。

では、いざ口座を開設したとして、どんな銘柄を買えばいいのでしょうか?

「自分の頭で考えて、理解できないビジネスの会社はダメですね。この会社は、誰に何を売って、どんなサービスをして利益を出しているのか。誰にでも説明できるような会社がいいですよ。自分が誰かに話して説明できないような会社はよくない。」

確かに、太蔵先生が過去動画でも言っていたように、企業を応援するのが株式投資だとしたら、どんな商売かわからない会社を応援するのは難しいですもんね。

ここは伸びそうだとか自分なりの予測すらできないとなると、ただのギャンブルになってしまいそうです。これは簡単なようで大切な基準だと思います。

投資に向く人、向かない人。

100人が投資をすれば、100通りの結果が待っていると考えた時に、人によっての投資への向き不向きがありそうです。その境目はどこにあるのか。太蔵先生に聞いてみましょう。

「ニュースに関心がなかったり、新聞を読まない人は向いてないでしょうね。実際に投資してある会社の株を買おうとしたら、経済の状況とか世の中で起こっていることを知っている必要がありますからね。世の中にはいろんな情報が溢れていて、なんのために必要なのかを選択していくことが大切です。どの情報がいいかは自分次第。だから人それぞれのやり方があるので口出しはしちゃダメです。例えばTikTokで情報集めしている人がいても、そんなもので!と他人が言うことではないんです。その人の正解なんだから。」

投資はどこまで行っても自己責任でしかないわけで、そのための判断をどうやっているかは人それぞれですよね。『それ違うよ』と言って何かあっても責任取れないですからね。

「普通では考えられないと思いますが、僕は投資をしていた時、いつも聞いてみるおばちゃんがいましたよ。『駄目ね』とか『当たるわよ』って直感で。でも、それが結構当たるんだよ。株なんて大学の経済学部の教授がやったって必ず大当たりするわけでもないでしょ。だから知りすぎてもいいわけじゃないんだよね。難しいけれど。あとは、1ミリもリスクを背負いたくない人はだめだね。絶対にある程度のリスクはあるわけで。そういう人は、貯金をしたらいいのではと思います。」

勉強しなくてはダメだけど、勉強しすぎも良くないと。これは難しいですね。ともあれ、自分なりのやり方や納得いく方法を見つけていくのが大事なんでしょう。

名目金利と実質金利を知ろう。

次に太蔵先生が、声を大にしてこれが何より大切だと熱く語る話をご紹介します。

「名目金利と実質金利って知ってます?これは一番重要で、これだけ知っておけばOKというくらい。ぜひ自分の言葉で説明できるようになってほしいです。これが分かれば、今は投資をするべきか、貯金をするべきかタイミングがわかりますから。」

むむっ、これは絶対に学んでモノにしないといけない知識ですね。心して聞いていきましょう。

「例えば銀行の利息が5%ですよ、と言っていたら、これは名目金利。1年後には100万円が105万円になるわけだけれども、世の中の物価が上がって100万円が102万円の価値に上がったら、実質3万円しか儲かってないわけですよ。だとすると実質金利は3%になるわけ。だから実質金利が大事なんです。
これは、実は投資をするか貯金をするかの判断において重要。僕は今の日本ではどんどん投資をするべきだと思ってます。
政府が物価を2%上げようとしているけれど、銀行の金利はほとんどゼロでしょ?そうしたら実質金利がマイナスになる。銀行に預けているだけではどんどんお金が減っていくってことです。だから投資をしようとなりますよね。それで今株価や不動産が上がっているんです。金利が分かれば世の中の経済状況がわかるってことなの。」

これは難しく聞こえるけれどとても大切な考え方ですね! いくら金利が高くても、物価がどんどん上がるようであれば、貯金で寝かせておいたら資産がむしろ減ることもあるということ。

この判断軸を持たずにいたら危険でした・・・。太蔵先生、ありがとうございます!

今回は、太蔵先生に投資の始め方から、投資に向く人、向かない人について教えてもらいました。そして投資をやる上でこれだけは必須で覚えるべき、名目金利と実質金利についてのお話も。

さらに、動画本編では投資の醍醐味「複利」についても学ぶことができるので、ぜひ本編動画もごらんください!それではまた次回の授業も楽しみに待ちましょう!

杉村太蔵 プロフィール

1979年8月13日、北海道旭川市出身。2004年3月筑波大学中退。2020年3月慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 後期博士課程 所定単位取得退学。

派遣社員から外資系証券会社勤務を経て、2005年9月総選挙で最年少当選を果たす。厚生労働委員会、決算行政監視委員会に所属。労働問題を専門に、特にニート・フリーター問題など若年者雇用の環境改善に尽力。

関連記事