PROPERTY

自社の開発物件による、
高品質な投資用物件。

インヴァランスの自社物件は、東京23区内中心でしかも最寄駅から徒歩10分以内という立地にこだわったものばかり
不動産投資を行うにあたって、第一に考えるべきは「立地」です。“人が住む場所を提供すること”が不動産投資における運用の基本だからです。
新築で駅近の好立地な自社物件を開発するインヴァランスは、その点で強みがあります。
さらに入居率にこだわり、モダンで上質なデザインの次世代の技術を取り入れたスマートホームを開発し、
さらに物件価値を上げ続けています。

高い入居率を誇るインヴァランスのマンションブランド

インヴァランスの物件には、
選ばれる理由があります。

特徴1:東京23区内の駅近という好立地。

インヴァランスの自社物件は、東京23区内を中心に最寄駅から徒歩10分以内という立地にこだわったものばかり。オンもオフも、ストレスフリーに優雅な都心ライフをサポートしてくれます。

特徴2:最新のIoT技術による「スマートホーム」を実現。

IoT機器を設置するだけで物件をスマートホーム化。居住者は1つのアプリで様々な家電やデバイスを操作でき、高い満足度で物件を差別化します。

都市景観に映える、エレガントで居住性の高いデザイン。

周辺の都市景観と調和しながらも、強く美しく輝き続ける上質な佇まい。空間の徹底した合理性と高いレベルでの居住性を両立するモダンなインテリア。洗練されたデザインが、居住者の優雅なプライベートライフを包み込みます。

東京という世界トップクラスの都市が持つ特性として、世帯の半分が単身者、駅近の物件になるにつれて入居率が高い、という2点が挙げられます。
インヴァランスが好立地のワンルームにこだわる1番の理由は、オーナー様と入居者様、両者のニーズに応えることができるからです。
立地を厳選して、入居者ニーズに合ったマンションを建てる。それだけでも入居率は高まります。
さらにインヴァランスは入居率にこだわり、自社内に一級建築士を雇い開発を続けてきました。
加えて、次世代の技術を取り入れたスマートホームを開発し、さらに物件価値を上げ続けています。
このことから、業界トップ水準の入居率98.6%(※2020年度平均)を維持して、オーナーの皆様にご満足いただいています。