CHANNEL

不動産投資を、もっと面白く。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 新時代のマネーリテラシー
  4. 【個人投資家 八木エミリー】新時代のマネーリテラシー「不動産投資論 解説② #05」

【個人投資家 八木エミリー】新時代のマネーリテラシー「不動産投資論 解説② #05」

コロナショック、老後の年金問題。激変する社会において、自分らしい人生を手に入れていくために、いまや誰もが身に付けなければいけないお金の知識。

72channel.では、不動産投資をはじめる前に学んでおきたいお金のことをテーマに、分かりやすく、丁寧にお金のことを一緒に考え、楽しくそして確実に学んでいく、オリジナルシリーズで展開。第5回「不動産投資論 解説②」として、不動産投資には欠かせないローンについての解説を中心に、より実践的な内容に迫ります。

第5回のテーマは「不動産投資論 解説②」。今回は不動産投資の特徴のひとつであるローンの活用です。その種類や、ローンを組む際のポイントにフォーカスして解説します。

不動産投資の特徴の一つは、銀行からの融資。

八木さんは、不動産投資の特徴のひとつとして、銀行からの融資があるといいます。

「不動産を購入を検討する際、その購入金額がとても高額なイメージがあると思います。しかし、自分ですべて資金を準備せずとも、銀行から融資を受けて不動産を購入する事ができるのが、株式や他の投資とは異なる不動産投資の特徴です。その理由は、不動産は建物、住居など現物が存在するため、その物件に評価をつけることができるからなんです。」

会社として企業に勤めている方は、勤務先の企業の信用などを活用して、融資を受けることができると八木さんは続けます。

不動産投資は自分の経済力だけでなく、銀行の力を借りることで、より価格の高い不動産も所有することが可能ということですね。勤務先の企業の力も活用することができるので、自分の社会的地位であれば、どれくらいの融資を受けられるのか、一度確認してみるのもいいかもしれません。

そんな不動産投資に活用するローンは、大きく2つの種類があると続けます。

銀行や個人によって借り入れ条件が変わるアパートローン。

「銀行のローンには、大きく分けて2種類あります。1つ目は、アパートローン。その名の通り、アパートやマンションを購入する方向けのローンです。銀行が提供するパッケージのようなものになっており、多くの方は、こちらを利用することになります。もう一つは、プロパーローンと呼ばれるもの。こちらは、投資の経験者向けになっており、金利や融資年数という条件をオーダーメイドで設定していく仕様になっています。私自身は、プロパーローンを使用しており、銀行と諸条件を交渉しています。」

多くの方が活用しているアパートローンについて、八木さんは続けます。

「多くの方が活用しているアパートローンは、融資を受ける銀行によって条件が異なるのですが、 ①融資年数、②返済金利、③自己資金の割合が決まっているところが多いです。その他にも、勤めている会社の属性や勤続年数、預貯金額によって、①〜③の条件が変わって来るため、不動産購入の際に銀行の方に相談してみることをおすすめします。」

おそらく不動産投資をおこなう多くの方が活用するこのアパートローン。融資の相談に行く際は、融資年数や返済金利、自己資金の割合の条件についてしっかり把握し、返済やこの先のシミュレーションを入念におこなう必要がありそうですね。自分にあった収益、返済プランを立てることで無理のない運用が続けられそうです。

さらに八木さんは、銀行から融資を受ける際に大切にしていることは、最終的に人に向き合った コミュニケーションだと話します。

融資に大切なのは、相手への誠実な姿勢。

「いま世の中はデジタル化が進んでいますが、銀行はまだまだアナログな部分が大きい業界。そのため、銀行との交渉は、対面で誠実なやり取りが非常に重要になってきます。私の場合、融資の依頼をする際は、手紙を書いて自分のことを理解してもらうように努めています。また、融資を行ってくれる銀行を探すために、可能性のある銀行をリスト化して電話することも。意外に泥臭い努力がプロパーローンには必要です。」

どのようなローンを組むにしても、自分の融資に対する考え方や想いを、銀行の担当者に伝えることはとても重要な要素になってくるんですね。融資を決める担当者も受ける私達も、「人」。目の前の担当者に、信頼してもらうためにはどう振る舞うべきかという視点も大切にしていきたいですね。

今回はローンの活用について語っていただきました。大きな買い物をする上で活用するのは銀行。そして、借り入れにも種類があり、多くの人が選ぶであろうアパートローンの特徴と、最終的には大事にすべき「人」と「人」の信頼関係の構築について語ってくれました。動画ではさらに、八木さんが詳しく語っています。気になった方は、ぜひ以下リンクより閲覧してみてください。

八木エミリー

八木エミリー・プロフィール

愛知県出身。日本女子大学理学部卒業後、2013年に野村證券株式会社に入社。顧客開拓に務め、初年度で東海地方1位の営業成績を獲得。新入社員でありながら、顧客向けセミナー講師として全社史上初の大抜擢。
2013年より株式投資を始め、2015年、26歳で不動産賃貸業に初挑戦。 以降、順調に業績を伸ばす。2017年より独立系ファイナンシャルプランナーとして活動を開始。 主に富裕層向けに資産活用のアドバイスを行うほか、ソフトバンク、オープンハウス、ロームなど 一部上場企業の社員向けセミナー講師としても活躍。
また、オンラインサロン「em会」を主宰し、金融知識の啓蒙に務めている。 すべての人が金融の知識を活用することで経済的に独立し、よりよい社会が実現することを目標に、活動ジャンルを広げている。

関連記事